消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









各界連からのお知らせ :  年金生活者から怒り相次ぐ、強風の中、各界連と社保協の1月共同宣伝

年金生活者から怒り相次ぐ、強風の中、各界連と社保協の1月共同宣伝

高ヒット
年金生活者から怒り相次ぐ、強風の中、各界連と社保協の1月共同宣伝
 消費税廃止各界連(各界連)と中央社会保障推進協議会(社保協)は1月24日、新宿駅西口で共同の宣伝行動をおこない、ときおり強い寒風が吹き付けマイクも途切れそうになるなか、9団体18人が行動。署名が27人から寄せられました。
 農民運動全国連合会事務局員の上山さん、全国商工団体連合会副会長の西村さん、全国保険医団体連合会事務局次長の平松さん、新日本婦人の会中央委員の上野さん、全日本年金者組合副委員長の松岡さん、消費税をなくす会事務局長の梅村さん、社保協事務局長の山田さんの各弁士が訴えました。
 各弁士のみなさんは、福田首相が169通常国会の施政方針演説の中で「国民のために」を40数回も使いながら、海外派兵の恒久法と消費税の引き上げに意欲を示したことを批判し、「社会保障のために」消費税増税をいうごまかしや「後期高齢者医療制度」で高齢者いじめをいっそうひどくしようとしていることを明らかにして、消費税増税を許さないために、署名への協力と総選挙では増税勢力に厳しい審判を与えることが必要だと訴えました。
 横浜市在住の女性(74)は「年金少ないのに消費税増税は大変」、最近リストラになったという相模原市の男性(60)は「消費税が一体何に使われてきたのか分からない。民主も消費税増税を言っている。政治家の責任感がなさ過ぎる」と怒りました。世田谷区在住の男性(56)は「デイサービスで働いているが1カ月の旧牢は10万円にもならない。増税なんてとんでもない」、千葉・船橋在住の女性(58)「夫は60歳になって年金を満額もらえると思って払ってきたのに、働き始めたらカットされた。固定資産税やそのほかの税金は上がる一方だし、政府のやることは信用できない」、定年になり再就職したという品川区在住の男性(62)は、「反対です。消費税増税前にやることはたくさんある。社会保障のためと言っていたのにいつの間にかすりかえられた」と怒って署名。「消費税上げるのだったら、軽減税率も導入すべきだ」(60代、男性)と話していました。とりわけ年金生活者からの「大変だ」との声が多く出されていました。

  

(2008-1-29 19:01)

[<     82  83  84  85  86  87  88     >]