消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









各界連からのお知らせ Total:103 (103)

最新リスト

101 番〜 103 番を表示 (全 103 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 (11)


庶民いじめの大増税阻止を 中央各界連 怒りの宣伝行動

庶民いじめの大増税阻止を 中央各界連 怒りの宣伝行動

 「庶民いじめの消費税増税はやめて」‐消費税廃止各界連絡会は、全国いっせい怒りの宣伝行動(9月22日〜25日)を実施。中央では22日、東京・新宿駅西口前で宣伝行動をおこない、10団体から25人が参加しました。
 サラリーマンやOLが忙しく行きかうなか、署名の呼びかけに次つぎと立ち止まり、会話が弾みました。江東区役所に勤める男性(59)は「貧乏人がもっと大変になる。政府の『福祉のため』の説明はもう信用できない」と怒りを表明。杉並区の女性(67)は「もちろん反対。今年から住民税が課税され、数万円も負担が増えた。庶民じゃなく、金持ちやぜいたく品にこそ課税するべきです」ときっぱり。最近まで本田技研に勤めていたという男性(59)は、「小泉さんになって格差が広がりすぎた。これで消費税を上げたら消費は相当落ち込む。トヨタやホンダなど大企業は海外に出て行き、空洞化はさらに進む。日本の将来が心配」と署名しました。
 各団体の代表がマイクで訴え、全国商工団体連合会(全商連)の西村冨佐多副会長は「消費税導入時、政府は高齢者の福祉のためと説明したが、逆に、医療費、介護保険料、税金の引き上げなど高齢者いじめがいっそう進んだ。署名と運動をさらに広げ、来年の選挙で増税をストップさせよう」と呼びかけました。

各地でも多彩に

各地でも行動がとりくまれました。

独自に作成して
 ▽東京・大田各界連は24日、大森地域の2つの大きな商店街を9団体30人が一軒一軒訪問。独自に作成した増税反対ステッカーを19枚張ってもらい、署名も46人分集まりました。
(雪谷・馬場通信員)

14団体の連名で
 ▽新潟県各界連は22日、宣伝カー3台で市内を運行しました。新潟市・万代シテイ前での署名・宣伝行動の後、14団体の連名で「『所得税・住民税大増税と消費税大増税に反対する意見書』を国に提出する請願書」を新潟県議会に提出しました。
(新潟県連・菅原通信員)

次つぎと署名に
 ▽兵庫・尼崎各界連は25日、13人が参加し尼崎市の阪急塚口駅前で宣伝・署名行動をおこない、ビラ300枚を配布。会社員、主婦やお年寄りが次つぎと署名に応じ、133人分が集まりました。


東京・大田各界連と消費税をなくす大田の会が独自に作ったステッカー

写真は、兵庫・尼崎各界連の署名・宣伝行動(尼崎市の阪急塚口駅前)
(2006-10-1 9:00)

運動いっそう強化 各界連運営委 訪問・懇談も推進

運動いっそう強化 各界連運営委 訪問・懇談も推進

 消費税廃止各界連絡会(各界連)は9月14日、都内で運営委員会を開催し、10団体12人が参加。当面の運動方針を確認し、活動交流をおこないました。
 嶋岡千年事務局長(全商連常任理事)は、自民党総裁選のなかで安倍氏が08年に消費税の税率引き上げ法案の提出を示唆する一方で、政府税調の石会長が談話で中期答申の先送りを表明するなど、住民税をはじめとする負担増に対する国民的な怒りの広がりが、小泉「税制改革」の矛盾を広げているとして、この秋、運動のいっそうの強化を呼びかけました。
 具体的には、(1)9月の宣伝・署名統一行動(4日間)の成功(2)中央各界連として団体訪問・懇談の推進(3)11月15日の国会要請行動と「もうこれ以上の重税はごめん‐大増税阻止学習交流会」の成功(詳細は後日発表)(4)地域各界連の再開・強化、網の目学習会の推進(5)全自治体を対象にした議会請願(意見書採択)‐などを確認しました。
 各団体はこの間の活動を報告。「10月23日〜30日に県内各地でちょうちんデモを計画」(神奈川県各界連)、「6月に発行した100円パンフの注文が4万を超え、すごい反響」(消費税をなくす会)、「都内2地域で東京土建が中心になって各界連を再開。ちょうちんデモを9月〜11月に計画」(東京土建)などを交流しました。
(2006-9-20 9:00)

増税押し付けにノーを 中央各界連が宣伝行動「その通り」と署名

増税押し付けにノーを 中央各界連が宣伝行動「その通り」と署名

 消費税廃止各界連絡会(各界連)は8月24日、東京・新宿駅西口で宣伝・署名行動をおこないました。
 各界連に加盟する各団体の代表がマイクを握り「『福祉』口実の増税押し付けにノーの声を」と訴えました。
 全国商工団体連合会(全商連)の西村冨佐多副会長は「自民党をぶっ壊すといって登場した小泉内閣は、増税に次ぐ増税で壊したのは中小業者・国民生活だった」と小泉内閣の5年間を厳しく批判。また、自民党の総裁選にふれ、「1人は、憲法を変える、教育基本法も変えると言い、もう1人は消費税を10%に上げると公言。これらはすべて自民党の政策だ」と述べ、「福祉口実の増税は絶対許せない。増税に反対する署名にご協力を」と呼びかけました。
 電機関係の仕事をしているという53歳の男性は「今の5%でも大変。消費税率がこれ以上、上がったら商売はできないですよ。財源がないなどと外堀を埋められ、消費税増税は仕方がないという雰囲気がある。悪いのはもちろん自公政権だがマスコミも増税論に加担している」と怒りながら署名しました。
 年金暮らしという女性は「この署名をどこに持っていくんですか」と話し、「税金は上がるし、年金は減るし、本当に生活しにくい世の中だね。国会に庶民の怒りを届けてほしい。暑いのにご苦労さん」と署名。
 中学生の男子は「ぼくも署名します」と寄ってきて「家計に影響するので消費税はない方がいいです。絶対になくしてください」と署名しました。

写真は「これ以上の増税はやめて」と真剣な眼差しで署名する青年
(2006-9-1 9:00)

101 番〜 103 番を表示 (全 103 枚)« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 (11)