消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









私の町でも増税反対 :  <各地の4・1行動>大宣伝に高齢者、学生、小学生も賛同、静岡県

<各地の4・1行動>大宣伝に高齢者、学生、小学生も賛同、静岡県

高ヒット
<各地の4・1行動>大宣伝に高齢者、学生、小学生も賛同、静岡県
 消費税廃止静岡県各界連は4月1日消費税導入20年目をうけ、いっせい宣伝と署名活動を行いました。1日は後期高齢者医療費制度実施もあり静岡県社会保障推進協議会からも大勢参加し、各参加団体ごとにたくさんののぼり旗や署名をする机やチラシを用意し、9団体27名での大宣伝となりました。
 松浦敏夫・県商連事務局長をはじめ各団体代表が、福祉のため・社会保障のためといって導入された消費税は、大企業への減税のために使われ、国民の生活は相次ぐ増税で苦しくなるばかり。その上後期高齢者医療費制度導入で更に大きな負担を押し付けるやり方を許してはいけない。大企業や大資産家に応分の負担を求めようと訴えるとともに、参加者が通行人にいっせいに署名を呼びかけると、春休みで買い物に訪れた学生や家族連れがチラシを受け取り興味深げに読む姿が見られました。
 「消費税増税反対」や「後期高齢者医療費」という訴えを敏感に聞き取り、自ら駆け寄ってきて署名をしてくれる年配の女性が多く、友達と連れ立って買い物に来ている学生や若い女性は、なんだろう?と不思議そうな顔をしながらも足を止めてくれるので、「消費税が上がったら大変だから反対の署名を集めています」と声を掛けると「じゃあ署名します」と快く署名してくれました。
 大勢で遊びに来ていた男子学生も「買いたい物があるのに困るし、家族でもそういう話をしたよ」と言いながら友達同士誘い合って署名をし、中には小学生の女の子も「私も署名します」と自ら駆け寄ってきてくれました。
 60歳代の女性は後期高齢者医療費制度について、今までよく理解しておらず自分に関係がないものと思っていたが、朝見たテレビで少し内容を知り、各界連の宣伝で更に詳しくわかったと言いながら「医療費制度も許せないし、これ以上の増税も許せない。宣伝頑張ってください!」とこちらを励ましてくれました。
 この日は参加者も導入20年目ということで呼びかけにも力が入り、署名は62筆集め、チラシを180枚配布しました。
(2008-4-2 14:04)

[<     227  228  229  230  231  232  233     >]