消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









私の町でも増税反対 Total:249 (249)

最新リスト

241 番〜 249 番を表示 (全 249 枚)« 1 ... 16 17 18 19 20 21 22 23 24 (25)


17%なんて、腹立たしい 北海道・旭川

17%なんて、腹立たしい 北海道・旭川

北海道・旭川各界連は10月24日、二条買物公園で11人が行動。民商の工藤会長、石田事務局長らが「福田首相も安倍政権同様、消費税増税・庶民増税路線を明確に打ち出しています。いまこそ消費税増税ノーの声を大きくしましょう」と訴えました。通りがかった人は「消費税17%の報道を見たが、本当に腹立たしい」と快く署名に応じてくれました。約30分の行動でしたが50人分の署名が寄せられました。
(2007-11-21 16:11)

憲法宣伝と共同して 青森市

憲法宣伝と共同して 青森市

 青森市各界連は10月24日の昼休みにスーパー「さくら野」前で宣伝行動。憲法宣伝行動の人たちと一致したので、前半と後半に分けて共同行動となりました。年配の女性は「若い人たちを戦争に生かせたくない」と署名してくれました。消費税8人、憲法15人の参加者でにぎやかに行動し、「これ以上の消費税大増税は生活破壊、営業破壊」「人を殺すことも殺されることもなかったのは憲法9条の力。なんとしても守ろう」と訴えました。
(2007-11-21 16:09)

老後が不安と署名 群馬・高崎

老後が不安と署名 群馬・高崎

 群馬・高崎各界連は10月24日、高崎スズラン前で行動。水曜日とあって人通りが少ない状況でしたが、30分で47人から署名が寄せられました。「(この署名に)賛成」「老後が不安」とすぐに署名に応じてくれる人の一方で、「国にお金がないなら仕方ない」と言う人もいました。大企業減税などをやめれば財源は確保できることをもっと知らせる必要がある、と参加者で話し合いました。
(2007-11-21 16:09)

ことし最高の188人分 岐阜・西濃

ことし最高の188人分 岐阜・西濃

岐阜・西濃各界連は10月14日の夕方、福田政権になって初の行動を垂井町のスーパー「アミ」前で13人が展開。前回の9月も132人分と今年最高でしたが、この日も記録を塗り替え、最高の188人から署名が寄せられました。多くの住民がギリギリの生活にこれ以上の増税は絶対反対との意思を示す結果となりました。一番たくさん署名を集めた民商の永田婦人部長は「みんなご苦労さんと励ましてくれた」「もう声が出ないくらい訴えました」と力一杯の奮闘の感想を話しました。西濃民商と西濃各界連は東京の亀戸中央公園で開かれた10・28国民大集会(4万2千人参加)でも壇上からとりくみを報告しました。
(2007-11-21 16:08)

「増税では生活できない」と署名 青森・八戸

「増税では生活できない」と署名 青森・八戸

 青森・八戸各界連は10月24日、4人で行動し44人から署名が。寄せられました。ポスターを見てすぐ署名してくれる人や「また上げられたら生活できない」「絶対反対。頑張って」の激励。「政府が消費税を上げるといっていますが」と話しかけると「えー、そうなんですか」と知らない人も多くいました。80代の男性は「消費税増税反対だ。若造が何も知らないで国会で好きなことをやっている。戦争は絶対やってはいけない」と熱心に話してくれました。
(2007-11-21 16:07)

若者も「生活苦を国会で訴えたい」 兵庫・尼崎

若者も「生活苦を国会で訴えたい」 兵庫・尼崎

兵庫・尼崎各界連の宣伝は10月24日、12人で、ビラ300枚を配布、署名が61人から寄せられました。勤め帰りの若い女性が「今でも給料が安く生活がしんどいのに、10%になったら困る」「わたしも国会でこの生活の苦しさを訴えたい」と語っていました。
(2007-11-21 16:05)

庶民増税を糾弾 各界連 各地で宣伝・署名

庶民増税を糾弾 各界連 各地で宣伝・署名

 安倍首相の増税発言で消費税が参院選の大きな争点になるなか、消費税廃止各界連絡会(各界連)の宣伝・署名行動が各地でとりくまれました。

中央各界連
  全国商工団体連合会(全商連)も加盟する中央各界連は7月24日、東京・新宿駅西口前で宣伝・署名行動をおこない、7団体から18人が参加しました。全商連の西村冨佐多副会長は「住民税増税、年金控除の圧縮など、庶民増税への怒りが全国で広がっている。消費税増税をいうなら大企業にこそ応分の負担を求め、不透明な政治資金など無駄遣いやめるべきだ。参院選では増税反対の政党を見極めて投票を」と呼びかけました。
  埼玉県熊谷市で小売業を営む60代女性は「とっても怒っています。住民税が倍になり、私が年間60万円の年金をもらえるようになったら、夫の年金は40万円下がった。240万円の収入で計算してみたらさまざまな税金を100万円近く払っています。消費税が増税されたら生活できません」と署名。
  八王子市で翻訳業を営む20代の女性は「定率減税廃止で税金がどんどん上がる一方で、政治家の政治資金問題。あれ一体なに? 税務署は自分たちには領収書取っとけと言うじゃない。何に使われているか分からない消費税はやめてほしい」と怒りを訴えました。
 
大阪・泉南 地域各界連も
  大阪・泉南地域各界連は7月16日、泉南市、阪南市、岬町の3カ所で定例の署名宣伝行動をおこない、参加した17人が134人分の署名を集めました。
  チラシとハンドマイクでの訴えに、若い女性は「安倍首相は消費税を本当に上げそうですね」と話し、子ども連れの若いお母さんは「今でも大変なのにこれ以上は困る」と署名。「消費税が上がったら困る」と中学生7、8人が署名板を囲むようにして次つぎ署名し、「若い子に期待するねー」と声をかけると「よっしゃーまかしときー」と応える一幕もありました。
 
写真:「安倍首相は本当に消費税を上げそう」と署名(大阪・泉南市、スーパーラ・ムー前)
(2007-9-10 9:00)

新聞全面に意見広告 消費税増税許しません

新聞全面に意見広告 消費税増税許しません

賛同の声続々
東京各界連 世論と運動広げる力に

朝日新聞(6月23日付夕刊)の1ページ全面を使った意見広告
 東京商工団体連合会(東商連)も加盟する消費税廃止東京各界連絡会(東京各界連)は6月23日、朝日新聞に「消費税増税許しません」の全面意見広告を掲載しました。
  朝刊(410万部)には2段の予告広告、夕刊(210万部)には1ページを使い、呼びかけに応えた各界連加盟団体の5300の支部や班などが名前を連ねました。
  この間の住民税大増税や、参院選後に本格化する消費税大増税への怒りを表明する場を提供し、増税反対の世論と行動をさらに大きくしようと実施したもの。昨年4月1日(東京新聞)、5月1日(同)に続く第3弾です。
  「100円、500円の募金ボードを作り、3816もの群(基礎)組織から団体賛同を組織」(東京土建)、「全支部と760班が賛同」(新婦人都本部)、「民商と支部の団体賛同や個人参加も相次ぐ」(東商連)など、創意を生かしたとりくみとなりました。
  広告を見た人からは「こういう広告を出すのは勇気があるなと思った」「増税には反対。私の団体も日本経済の復活に向けた活動をしているが、共同できないか」など、立場の異なる団体からも、賛同の声が寄せられています。
  東京各界連では、この広告とともに地域各界連の宣伝・署名行動を重視。住民税納税通知の発送が本格化した6月12日と、6月22日からの「怒りの宣伝行動」を中心に、駅前や商店街など34地域60カ所以上で、宣伝行動を展開しました。
 
(2007-8-6 9:00)

増税許すな 各界連が怒りの宣伝行動

増税許すな 各界連が怒りの宣伝行動

 消費税廃止各界連絡会(各界連)は6月22日、東京・新宿駅東口で全国いっせい怒りの宣伝・署名行動「許せない‐選挙終われば増税」をおこないました。
  雨の中、参加者は「自民・公明の決めた庶民大増税が家計を直撃」のビラを配り、署名を訴えました。
  全国商工団体連合会(全商連)の西村冨佐多副会長は「中小業者は消費税を払うたびに借金が増えている」と弱い者いじめの税であることを鋭く告発し、「今度の参院選で増税勢力に審判を下し、政治を変える一歩にしよう」と訴えました。
  17歳の女性(スーパーでアルバイト)は「消費税がこんなに上がって日本はどうなちゃんだろう。この署名を受け取ってくれる政党があるんですか」と問いかけ、「共産党が受け取ります」と答えると署名しました。
  沖縄県から修学旅行で来たという女子高校生6人は「国はいっぱい借金を抱えていると学校で聞いていますが、消費税はない方がいい」と話しながら全員が署名しました。
(2007-8-6 8:55)

241 番〜 249 番を表示 (全 249 枚)« 1 ... 16 17 18 19 20 21 22 23 24 (25)