消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









マスコミ報道から : 消費増税負担増は年11万円強、政府が試算【東京 9/24付】

 消費税率が10%になると、40歳以上の会社員の夫と専業主婦、小学生の子ども2人の計4人で年収500万円の世帯で、年間11万5千円の負担増となる−。政府が消費税増税試算をまとめたことが24日分かった。年金や医療の社会保険料や住民税の年少扶養控除廃止などを加えると33万8千円増える。

 内閣官房社会保障改革担当室が、民主党の川内博史衆院議員の求めに応じて作成した。
消費増税試算は複数の民間シンクタンクが既に実施しているが、政府の試算が明らかになるのは初めて。

 政府は公表しない方針だが、政府試算として社会保障改革の議論に影響を与える可能性がある。


http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012092401002087.html#print
印刷用ページ