消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









マスコミ報道から : 09衆院選 鳩山氏、消費税率引き上げ論議は10年後(09年8月19日、産経)

民主党の鳩山由紀夫代表は18日夜のNHK報道番組で、消費税率の引き上げを議論する時期について「10年ぐらい(先の)の話だ」と述べた。また、同党がマニフェスト(政権公約)に掲げた政策を実現することによる経済効果に関し、「1%から2%ぐらいの効果は十分にある」と語った。
 鳩山氏は、年金制度を一元化した上で最低保障年金を創設するという民主党の公約に関連し、「最低保障年金は全額消費税で賄う。将来20年かけて徐々に移行させていくので、当然20年後には消費税率を上げなければならない」と説明。その上で「(20年後までの)中間ぐらいのところで消費税の議論を行わなければならない」と述べた。
 また、経済政策に関しては「国民の財布を厚くしない限り、簡単に内需を刺激することはできない」と指摘、マニフェストに盛り込まれた子ども手当や高速道路無料化で内需を拡大し、国内総生産(GDP)を押し上げることができるとの考えを示した。

印刷用ページ