消費税廃止各界連絡会
サイト内検索 スケジュール リンク 各界連の紹介 ご意見・お問い合せ
新着ニュース 各地のとりくみ 宣伝ツール Q&A 報道 資料 各界連ニュース













携帯サイト
主なメニュー









各界連からのお知らせ :  消費税増税・後期高齢者医療制度許さないーー各界連と社保協が署名・宣伝とシール投票〈巣鴨〉

消費税増税・後期高齢者医療制度許さないーー各界連と社保協が署名・宣伝とシール投票〈巣鴨〉

高ヒット
消費税増税・後期高齢者医療制度許さないーー各界連と社保協が署名・宣伝とシール投票〈巣鴨〉
 消費税廃止各界連と中央社会保障推進協議会は11月22日、「社会保障口実の消費税増税・高齢者いじめの医療制度許さない」と共同で署名・宣伝、シール投票を巣鴨駅前でおこないました。12団体40人が参加し、全商連、東京社保協、年金者組合、生協労連、なくす会、保団連、新婦人、民医連、社保協の代表が訴えました。20日に政府税調が「消費税を社会保障財源と位置づけ、引き上げを」との答申を発表し、21日には自民党財政改革研究会が「社会保障税との名目で、2010年代半ばには2けたの税率に」との中間まとめを発表したことに対し、「大もうけの大企業・大資産家に応分の負担をさせることで社会保障財源は生み出せる」と訴えました。また、来年4月実施予定の後期高齢者医療制度で東京都の保険料が10万円以上になることも示し、「力を合わせて中止・撤回を迫ろう」と呼びかけました。50代女性は急いでいるなかで足を止めて、「消費税増税は許せない」と怒りながら署名。また、署名してくれた20代の女性は「頑張って」と激励し、30代の主婦は「消費税増税は反対、反対」と寄ってきて署名し、「今は仕事してないので、生活が大変」と話すなど、若い人や高校生らも関心が高く、消費税増税反対署名は46人分が寄せられました。また、シール投票では「社会保障財源で消費税20%台」に「反対」73、「賛成」3。「後期高齢者への負担増」に「納得できない」が53人、「納得できる」はゼロでした。
(2007-12-19 16:18)

[<     86  87  88  89  90  91  92     >]